「自動システムトレード」で時間を有効的に使う

FX取引での投資の方法には、自分で為替レートを目の前にしてその場の判断で投資を行う「裁量トレード」と、あらかじめ投資のルールを定め利益や損失の値も設定をしておき、実際に取引きを行う際には、そのルールに従って取引きを行う「システムトレード」が存在します。

裁量トレードの利点は、臨機応変に為替相場の動きに対応できるために、利益を最大に引き出すことが可能であり、かつ、損失を最小限にすることができるという事にあります。
しかしながら、為替レートに常に向き合っている必要があるために、時間的な拘束が大きかったり、秒単位に変動する為替レートに心を惑わされ、決済をしなくてはいけない損失を、もう少しで値を戻すだろうと我慢してしまったり、もっと値が上がるまで待たなければいけない利益に対して、ひょっとしたら少なくなってしまうかもしれないと、怯えて小さな利益確定をしてしまったりすることにあります。

これに対し、システムトレードではそうした心理的要素に振り回されることはなく、あらかじめ決められたルールと設定に従って、淡々と取引きを行うだけで済むために、取引きにもそれほど時間がかかりませんし、自分の心の動きから損失や利益を損なうことはないのです。

さて、現在のFX取引は、ほぼすべての取引きがインターネットなどを介し、パソコンやスマートフォンなどのモバイル機器を使用して行われます。
このパソコンなどで取引きを取引システムツールソフトには、様々なものがあり、世界的に有名なものから、取引業者が作成しているものなどがあります。

この取引ツールソフトの中に、システムトレードの設定とルールをあらかじめプログラム化して組み込こんでしまい、これをソフトに自動的に行わせようとするものが「自動システムトレード」になります。

自動システムトレードには、プロの投資家などの取引きのルールや設定などが始めから組み込まれており、その中から自分の好みに合うように条件洗濯をしてカスタマイズする「設定型自動システムトレード」と、投資家自らが取引ルールを決め、それを自らプログラムとしてくみ上げていく「開発型自動システムトレード」の大きく2つに分けられます。

開発型のシステムトレードの利点は、自らですべての設定が行えることになります。複雑なプログラムと向き合わなくてはなりませんが、1から自分で作り上げていくことが可能であるために、取引環境や相場状況に合わせて細かく設定を練ることが可能であり、やり方によっては高精度のプログラムを組むこともできるのです。

選択型のシステムトレードの利点は、プロが作成した優秀なシステムトレードを、初心者や経験の浅い投資家でもすぐに使用して取引きが行えることにあります。
もちろん、為替相場を相手にした取引であるために、必ず取引に成功するわけでもありませんが、そうした場合にも条件選択を変更することで、相場や状況に合わせてのカスタマイズも簡単に行えるのです。

また、どちらの自動システムトレードも、投資家が取引きを行わなくとも、自動的に投資を行ってその結果まで出してくれますので、時間のないビジネスマンや忙しい主婦の方でも投資取引が行えるのです。

初心者の投資家にとって強い味方になってくれる自動システムトレード、ぜひ一度試してみることをお勧めします。