税金の知識も重要!バイナリーオプションで得た利益を残すために

h987iバイナリーオプションについて知識や経験を重ね、大きな利益を出せるようになったとしても、その後の税金について正しく申告しないと後々問題になることがあります。利益率を上げることだけに注力してしまい、意外と忘れがちなのが税金に対しての知識と申告方法です。

では正しく税金を申告するためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。バイナリーオプション取引を行い、トレードの成功から利益が出た場合、これはそのトレーダーの利益=収益と見なされます。収益とはいわゆるサラリーと同じですから所得と判断されるわけで、所得税を支払う義務が発生することとなります。では、バイナリーオプションで得た利益に対してどのように税金を支払えばよいのでしょうか。

まず、「申告分離課税」とい形式で税金を支払うことになります。一言に言われてもよくわからない、と思う人の方が過半数でしょう。申告分離課税は、会社から出ている給与や、個人経営で得た売上げなどの収益とは別で、それ以外の利益に対して申告する税金を指します。本業の収入とは別枠で申告するため、申告分離課税と呼ばれているのです。

例えばバイナリーオプションで得た利益=収入は「雑所得」扱いになります。雑所得は年間で20万円以上を超えた場合に申告の義務があり、合わせて税金を納める義務が発生します。ですから、逆を返すと年間で20万円以内の利益であった場合には申告する必要はないということにもなります。20万円以上の利益が出た場合、確定申告も行う必要があります。

参照: XM取引.com

確定申告については、通常会社勤めをしている人は会社側が全て税無関係の処理を行っているため内容について詳しくわからなくても問題はありません。しかし、自ら確定申告をする場合は2月から3月にかけて、税務署に赴き手続きをすることになります。わからないから、面倒だからと言って確定申告を怠り、後にそれが判明された場合に追徴課税が課されてしまうケースもありますので申告はしっかりとしておくことが大切です。

実際にあった話では、FX投資では名前の知られた方が投資に成功して10億円という莫大な資産を築く事に成功したという例があります。父親が経営していた地元の町工場に勤めていた彼は、投資で得た資産を元に六本木ヒルズへ引越しし、毎日のように贅沢三昧、豪遊しながら暮らしていましたが、一年も経たず、税務署から多くの人が押しかけ追徴課税を請求されることとなりました。何故そんな事態に陥ったのかと言えば、FXに対しての戦略や知識はあったものの、税金に関してはほとんど無関心、無知の状態で資産を使い続けてしまったからなのです。

現在彼に残されているのは2億円の借金、そして地元の工場を一人で背負って切り盛りしているという厳しい現実です。まさか自分がこのような事になるとは思えない!と考えている方も、念のため税金についてはある程度の関心と知識を持つ必要はあります。バイナリーオプションで長く、確実に利益を出していきたいと考えるのであれば、投資だけでなく税金についても正しく把握しておくことが大切なのです。バイナリーオプションを始めるにあたって、非常に重要になってくるのが業者選択です。信頼のできる業者を見つけないとならない訳ですが、その目安の一つとして、ユーザーにとって必要な情報を十分に提供しているかどうかをチェックする必要があります。このページで述べてきた税金申告についての情報も、親身になって相談に乗ってくれるサポートを常備した業者を選びましょう。 アイガイタメとオプテックのサポートはかなり誠実で、ユーザーが納得できるまで丁寧に説明してくれるサポートだと思います。サポートの教育がしっかりしている業者なら、安心して取引が出来るというものですよね。